山崎行太郎公式ブログ『 毒蛇山荘日記』

哲学者=文芸評論家=山崎行太郎(yamazakikoutarou)の公式ブログです。山崎行太郎 ●哲学者、文藝評論家。●慶應義塾大学哲学科卒、同大学院修了。●東工大、埼玉大学教員を経て現職。●「三田文学」に発表した『小林秀雄とベルグソン』でデビューし、先輩批評家の江藤淳や柄谷行人に認めらlれ、文壇や論壇へ進出。●著書『 小林秀雄とベルグソン』『 小説三島由紀夫事件』『 保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』・・・●(緊急連絡) 090-6007-0726。 yama31517@yahoo.co.jp

西郷南洲と藤田東湖。

西郷南洲藤田東湖

西郷は、安政の大獄の余波で、江戸を追われ、京の勤王僧侶・月照らとともに合流し、薩摩へ逃げ帰るが、薩摩藩も安全ではなかった。幕府の追っ手は、薩摩藩内部にまで伸びてきた。当時の薩摩藩は、藩主・島津斉彬が急死し、藩の実権は、再び、島津斉彬の父で、前藩主・島津斉興の手に移っていた。西郷も月照も邪魔者でしかなかった。まず月照が狙われる。月照の「東目送り」(日向送り)が決まる。薩摩藩においては、東目送りとは、「死」、つまり「処刑」を意味した。逃がすのではなく、藩境で殺すことであった。西郷は、深夜、月照とともに錦江湾に船を出し、日向を目指す。しかし、西郷は、月照を見殺しにするわけにはいかなかった。舟は、深夜の錦江湾を進んで行く。その途中で、西郷は、意を決して、月照を抱きかかえて海に飛び込む。これが、西郷と月照の「心中事件」である。月照は死ぬが、西郷は引き揚げられ 、息を吹き返す。おそらく、西郷も死ぬ気持ちだっただろう。しかし、西郷は、急死に一生を得て、生き返る。今でも、西郷が引き揚げられ、担ぎ込まれ、息をふきかえすまで、看病を受けた民家が残っている。もちろん、月照は、死んだ。月照は死に、西郷は生き返る。