山崎行太郎公式ブログ『 毒蛇山荘日記』

哲学者=文芸評論家=山崎行太郎(yamazakikoutarou)の公式ブログです。山崎行太郎 ●哲学者、文藝評論家。●慶應義塾大学哲学科卒、同大学院修了。●東工大、埼玉大学教員を経て現職。●「三田文学」に発表した『小林秀雄とベルグソン』でデビューし、先輩批評家の江藤淳や柄谷行人に認めらlれ、文壇や論壇へ進出。●著書『 小林秀雄とベルグソン』『 小説三島由紀夫事件』『 保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』・・・●(緊急連絡) 090-6007-0726。 yama31517@yahoo.co.jp

安倍元首相銃弾テロ事件に接して、私が、すぐ思い出したのは、高校一年頃、見聞したケネディ米国大統領の暗殺事件と、大学院の頃、見聞したロッド空港銃乱射事件だった。私は、二つのテロ事件に、思想的に深い衝撃と影響を受けた。私の思考と哲学の原点には、テロ事件がある。ドストエフスキーの『罪と罰』はテロリスト小説である。主人公ラスコーリニコフは、《俺にはアレが出来るだろうか 》と問い詰めた結果 、テロ事件を実行する・・・という小説だ。民主主義に限らず、政治にも哲学にも文学にも 、テロ事件はつきものだ。だから、私は、

安倍元首相銃弾テロ事件に接して、私が、すぐ思い出したのは、高校一年頃、見聞したケネディ米国大統領の暗殺事件と、大学院の頃、見聞したロッド空港銃乱射事件だった。私は、二つのテロ事件に、思想的に深い衝撃と影響を受けた。私の思考と哲学の原点には、テロ事件がある。ドストエフスキーの『罪と罰』はテロリスト小説である。主人公ラスコーリニコフは、《俺にはアレが出来るだろうか 》と問い詰めた結果 、テロ事件を実行する・・・という小説だ。民主主義に限らず、政治にも哲学にも文学にも 、テロ事件はつきものだ。だから、私は、今回の安倍元首相を襲ったテロ事件に接しても、《 民主主義への挑戦 》だか《 民主主義の破壊》だとか《 民主主義の冒涜 》だとかとは、まった思わない。むしろ、《 民主主義の蘇生 》《 民主主義の活性化 》の瞬間だったと思う。民主主義とは 恐ろしいものである。テロや暴力とは無縁ではない。民主主義の根幹にはテロと暴力がある。こういう時に、政治家や思想家や言論人、学者たちの、日頃の思想的訓練と思想的鍛錬が、試される。平和ボケの馬鹿は、さっさと消えろ。安倍の悲劇は、取り巻きやブレーンに、桜井よしこ百田尚樹・・・のような三流の言論人や文学者しか、いなかったことだ。私も、何を勘違いしたのlか、安倍側近の某氏から、第二次安倍政権のスタートの頃、誘われたことがある。私は、思想的には《 保守 》だが、「 小沢一郎の支持者です 」と言って断ったことがある。繰り返して言うが、安倍の悲劇は、相談相手やブレーンに、桜井よしこ百田尚樹・・・のような三流の馬鹿しかいなかったことである。身から出た錆とはいえ、気の毒である。

山崎行太郎YouTube動画 」チャンネル。
⤵︎ ︎⤵︎ ︎⤵︎ ︎⤵︎ ︎⤵︎ ︎⤵︎ ︎⤵︎ ︎⤵︎
https://youtu.be/jd7H2OZM8TE

https://youtu.be/jd7H2OZM8TE